葬儀のガイドページ

トップページ > 納得できて後悔しない葬儀

納得できて後悔しない葬儀

長い間、仏式や神式などの伝統的な形で葬儀が執り行われてきました。
盛大に見送ることが残された遺族として、故人への餞になるという風潮がありました。
また地域社会とのつながりが強く、近所が協力するという慣習もありました。

このような形の葬儀は今も多く見られますが、近年では方法にも新しい変化が見られるようになりました。
変化の方向として現れてきているのは、葬儀の小規模化です。

都市部においては、核家族が増えており、長男でも結婚により親と別居することが多くなってきました。今後も少子高齢化が進みますので、家族の単位はますます小さくなります。

また近年では近所づきあいが希薄となってきていますので、町内を挙げて葬式に協力するということは減少しています。最近では、本人が生前から葬儀の方法についての思いを家族に伝えるケースも増えています。
人の死によって法律で定められていることは、死亡届の提出や仮装許可証の提出などの義務です。

葬儀の形とか方法については慣習に任されています。


親の葬儀は子供が出すというのが当然のこととして位置づけられていましたが、家制度がなくなった今では、子供を全面的にあてにするわけにはいきません。自分の納得する葬儀にするためには、生前からよく話し合っておくことが必要です。

親の死期が近づき、葬儀への希望が解ったときには、子供は親が生きているうちからその希望を叶えられるように、葬祭業者を探しておくことも大切なことです。信頼できる葬祭業者を探すためには、早めに口コミ情報などで把握したり、友人などで経験している人から教えてもらうことが大切です。新しい葬式の形としては家族葬や自由葬などがありますが、いずれも小規模の形式です。

故人をよく知っている人たちが、形式より原点に帰った本来の葬式に立ち返ることも大事なことです。
ただ新しい形の葬儀には親族や近隣の人、及び会社関係者等、周りの理解を得るのが必要となります。

2013.10.30
葬儀は最後のお見送りですを更新しました。
2013.10.15
大切な家族・・・ペット葬儀が増えていますを更新しました。
2013.10.04
平均的な葬儀費用や規模についてを更新しました。
2013.10.02
人には聞けない葬儀のマナーとはを更新しました。
2013.09.02
葬儀にはいろいろな種類がありますを更新しました。
2013.08.05
葬儀を初体験した状況を更新しました。
2013.07.02
なにかとあわただしい葬儀を更新しました。
2013.06.28
サイトをアップしました。